大阪寿司屋で韓国人の客に大量ワサビ

最近SNSで私の韓国人の知り合いは大阪の寿司屋さんが韓国人の客にわざと大量のわさびを出す「わさびテロ」に関する記事についてを投稿しました。

その方は日本がとても大好きでその中でも大阪が一番好きだそうで、旅行でよく遊びに行ってたのですが、今回の「わさびテロ」でショックを受けがっかりしたそうです。
インターネットやSNSでその情報が拡散されついにテレビのニュースに取り扱われました。

話によりますと職員同士が「チョン」、(朝鮮人の差別・侮辱用語)「犬がエサくれってワンワン吠えてっから早くやれ」と言いながら職員同士が笑っていて日本語がわかる韓国人の女性はその言葉を聞いて泣いたそうです。
私はこの事を知り失望しました。言葉がわからないのをいいことに仕事中にあのような差別的な言葉が出てくること事態が信じられません。
それに外国人や日本人に関係なくお客さんを見下すような態度・言葉を商売でやっていいことなのだろうか。
日本語ができない外国人客相手に嫌がらせをするのは不当に高額請求するぼったくりの店よりもタチが悪い。
他にも大トロとちゃんと頼んだにも関わらず別のネタを出したりもしました。これは法律的に詐欺罪に問われます。

公式HPに謝罪文は掲載されましたが、読んでみるとすごく言い訳だらけで自己防衛する姿勢に怒りが沸き上がりました。
経営者やトップが出て正式に謝罪をしてほしいです。
過去にあった過ちをなかったことはできないが、誠意ある行動を見せてほしかったです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました