about

sogo  
fukidasi

  social

Count per Day

  • 3434現在の記事:
  • 94今日の閲覧数:
  • 0現在オンライン中の人数:

Contact Form 7に届くスパムメールを完全にブロックしてみる

WordPressユーザーであれば、メールフォーム等の連絡用にContact Form 7を使っている方も少なくないはずで筆者も同じくユーザーです。このContact Form 7はカスタマイズ性も豊富で、より自分らしいデザインでの表示が出来る事と同時に取り扱いも簡単で人気です。

しかし、そんな便利なメールフォームに飛び交うスパムメールには我慢の限界があります。

jank-maile

迷惑メール撲滅私的調査会 様より画像流用


私の場合、以前からスパムはありましたが、WordPressに入れているプラグインAkismetで、ほとんどブロックされてきましたが、ここ最近はAkismetでも食い止められなかったスパムが100通/日も来るようになっていました。
これはContact Form 7で登録設定したメーラー側で迷惑メールとして振り分けられてはいますので、受信トレイには入ってきませんが、気持ちの良いものではありません。


何故ブロックしても次から次へと届くのか

メーラー側でスパムが届く度に、該当メールアドレスを受信拒否設定にしてもアドレスを変え次から次へと届きます。何故このように次々届くかというと、私のところに届くスパムはメールのドメインが@gmail.comになっていて、さすがに@gmail.comで届くドメイン全てを受信拒否してしまうとGメールから送信されたメールが受け取れなくなってしまうので困ります。
スパムを送りつけている連中は@gmail.comのドメインを使い@より前の部分をコンピュータで自動的に生成し送りつけてくるのです。そう、つまり実在しないアドレスで送信しているのです。

「実在しないメールアドレスで送りつけても意味が無いのでは?」と思いがちですが、このようなスパムのほとんどが誘導URLリンクがメール文中に記載されています。つまり、URLを踏ませ、いかがわしいサイトに誘導させる事だけが目的なのです。私のところに届くスパムのほぼ全てが中国系の偽ブランドサイトです。


スパムはメーラー側ではなくContact Form 7側で食い止める

先に申しました通り、Contact Form 7で設定したメーラー側で完全にスパムが届かないようにするのは不可能です。という事は、メーラーに届く前の段階であるContact Form 7側で食い止めるしかありません。このブロックにもさまざまな方法が用いられているようですが、私の場合は、”スパムの自動化を阻止” する方法を使っています。

どういう事?と思うでしょうから下の図をご覧ください。

contactform7-2


チェックBOX 実装方法


Contact Form 7(お問い合わせ)から新規追加(既存の場合は編集)を開き、
① タグの作成 → ② 承認の確認をクリックする

cbox1


すると以下の画面が表示されますので赤枠部分をコピーします。


cbox2


コピーしたら、左側の部分へ以下のようにペーストし、任意のタイトルを付ければ完成です。
あとは作成したフォームを保存する事を忘れずに・・・。

 [acceptance acceptance-数字] 


cbox3


このように、フォームを送信する際に手入力する手順を加える事で、ロボットによるスパムの自走送信を阻止する事が可能となります。

このようなフォーム形式を導入してからというもの、一日100件以上届いていたスパムメールが完全に0件になりました。うっとうしいスパムでお悩みの方は是非、参考にしてみて下さい。



WordPress
デザインネタ帳


Pocket

Trackback URL


この記事を共有していただければ嬉しく思います。コメントもお待ちしておりますのでお気軽にどうぞ!
※ドメインを移行しましたら共有数が0にリセットされてしまいましたので、ご協力お願い致します。